シュウ(うさぎ)の自由だらけ
シュウ(ロップMIX)の気ままな生活☆ うさぎなのに自由がいっぱい☆

プロフィール

シュウまま

Author:シュウまま
2006年2月頃誕生
450g→2560g(2007.9/10)→2700g(11/7)→2640g(12/4)→2760g(08.2/1)→2940g(4/4)→2740g(5/23)→2780g(5/29手術日)→2820g(6/3)→2780g(6/9)→2780g(6/27)→2660g(8/29)→2720g(10/31)→2800g(12/2)→2860g?(12/19)→3000g(200.9.2/2)→3020g(3/16)→3080g(5/11)→3080g(6/26)→3180g(8/7)→3150g(9/7)→3000g(9/27)→3100g(10/6)→2980g(11/13)→3050g(11/23)→3025g(11/24)→3050g(12月11日)→3100g(12/19)→3220g(2010/1/18)→3250g(1/25)→3160g(3/5)→3200g(3/5)→3320g(4/2)→3280g(4/19)→3200g(4/26)→3040g(5/21)→3000g(6/14)→3060g(7/5)→3050g(8/2)→3200g(8/9)→3180g(10/4)→3200g(10/11)→3150g(11/8)→3200g(11/15)→3150g(12/13)→3320g(2011・1/18)→3380g(2/7)→3360g(2.21)→3280g(3.18)→3230g(3.28)→3260g(4.21手術日)→3160g(5/23)→3200g(6/6)→3200g(7/4)→3220g(7/22)→3300g(8/29)→3240g(9/5)→3240g(9/16)→3380g(9/26)→3400g(10/17)→3400g(12/5)→3460g(2012.1/9)→3440g(1/16)→3620g(2/20)→3620g(2/27)→3460g(3/12)→3580g(4/9)→3560g(4/30)→3420g(5/21)→3400g(6/4)→3400g(7/2)→3300g(7/30)→3240g(8/6)→3260g(9/24)→3280g(10/22)→3300g(11/5)→3400g(11/19)→3300(12/10)→3460g(2013/1/22)→2/4(3400g)→2014/7/17(3200g)→7/29(2860g)最終体重。

T男&T美と同居中→2014年8月1日5時5分。任務を終え月へ帰って行きました。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


またもや闘病中2

続き1

僕の異変があったのはいつからだったんだろう?
今の状態にあるのは4月の終わりからなんだけど、去年の夏にも一回吐いてるんだよね。
その時はT美も僕もこんな事態が僕の体の中で起こっているなんて気が付きもしなかったよね。

僕が12月の終わりに目を怪我してずっと毎週のように病院に通ってたんだ。
そしてついでにお耳の治療もね。
きち先生も仙人先生もそのストレスもあるかもね。って言ってた。

目の治療も一段落ついたから、T美に耳の治療はもうやだよ。って僕は伝えたんだ。
だからT美がそれを先生に言ってくれたの。
先生も様子をみながら伸ばしていきましょう。ってなったんだけど、僕の体は時すでに遅しで・・・だいぶ痛んでた。

僕はこのころ、歯を鳴らすことも多かったし、口に入ってないのにモグモグとしていたことも多かった。
食べられなくなる日もあったりして・・・
僕自身は体の中で何かおかしなことが起こっているって少しずつ思いはじめていた。
でも僕はそれを伝える手立てがなかった・・・・

お耳の治療の期間をあけてもらって一か月後に先生のところへ行ったんだ。
それで帰ってきてから食べるのをやめた。
もう強硬手段しかないかと。

T美は食べない僕におなかの動く薬を飲ませつつ、2~3日様子を見てたけど、だんだと食べなくなる僕をいよいよおかしいぞ。って思ったらしく、僕を病院へ連れて行くことにした。

病院で先生に今までの話をして、歯も念入りにみてもらったけど異常が発見できず・・・
でも「食べてないから強制給餌する?」って聞かれてT美が「お願いします」と言っていた。

僕はもうここしかないと思った。
先生に今の状態を知ってもらうためには・・・・実力行使だと。
強制給餌の3本目を吐いてやったのだ。
先生の眼の前なら安全だしね。
僕も命がけだったけど、ちゃんと先生はそれに応えてくれた。
その時は鼻やら口やらに管をいれて吸われちゃったけどね・・・

僕はその時にちょっとのどにつっかえたものが残ってしまったようでひくひくとなってしまったんだ・・・・
その日はそのあとに経過をみながら点滴してお薬をもらって帰ったんだ。
家に戻ってもひくひくは治らないし、ご飯も喉を通らない・・・

家ではT美が僕の食べてるペレットやら乳酸菌やらをミキサーにかけて強制給餌用のご飯を作って僕に無理やり食べさせた。

お薬の切れる3日が経ったので、先生に連絡をとってた。
先生も色々調べてくれて(本当に忙しいのに申し訳ない・・・)予想結論として前に書いた事が僕の体の中で起こっているのではないかと教えてくれた。
先生が今までみたうさちゃんの中で3匹だけその実例があったとのこと。
そのうち一匹は寿命をまっとうしたとも教えてくれた。

それは・・・
「食道アカラシア」ではないかと。
もしそうだとすると立たせて抱っこが有効かもしれないと。
もしそれでもだめならチューブと直接胃に通してご飯を入れるしかないとも。

その抱っこというのが・・・
最初3時間って言われて「無理です」って即答していたT美だった。
そしたら「30分でもいいから」と言われて「頑張ります」って言ってた。
命にかかわることでも「無理です」ってT美は言っちゃうんだな・・・・
抱っこが嫌いな僕を知っているからそう言ったのだろうけど・・・一応、頑張ります。ってその時言ってほしかった。

僕もT美も必死で立て抱っこ頑張りました。
T美の服は僕が噛み噛みしたからぼろぼろになってた。
でも僕悪くないもんね

30分終わって降ろされた僕・・・
「あれ?ひくひくが無くなった???。おなかすいちゃったかも」
って、おろされてすぐから大好きちんげんさいを食べられた(*^_^*)

T美もびっくり~
泣いてるんだもん。笑っちゃうよね。

次の日からT美とT男で交代で立ち抱っこの日々が始まった。
嫌だけど仕方ないね。
T男は傷だらけ(笑)

続く・・・





スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。