シュウ(うさぎ)の自由だらけ
シュウ(ロップMIX)の気ままな生活☆ うさぎなのに自由がいっぱい☆

プロフィール

シュウまま

Author:シュウまま
2006年2月頃誕生
450g→2560g(2007.9/10)→2700g(11/7)→2640g(12/4)→2760g(08.2/1)→2940g(4/4)→2740g(5/23)→2780g(5/29手術日)→2820g(6/3)→2780g(6/9)→2780g(6/27)→2660g(8/29)→2720g(10/31)→2800g(12/2)→2860g?(12/19)→3000g(200.9.2/2)→3020g(3/16)→3080g(5/11)→3080g(6/26)→3180g(8/7)→3150g(9/7)→3000g(9/27)→3100g(10/6)→2980g(11/13)→3050g(11/23)→3025g(11/24)→3050g(12月11日)→3100g(12/19)→3220g(2010/1/18)→3250g(1/25)→3160g(3/5)→3200g(3/5)→3320g(4/2)→3280g(4/19)→3200g(4/26)→3040g(5/21)→3000g(6/14)→3060g(7/5)→3050g(8/2)→3200g(8/9)→3180g(10/4)→3200g(10/11)→3150g(11/8)→3200g(11/15)→3150g(12/13)→3320g(2011・1/18)→3380g(2/7)→3360g(2.21)→3280g(3.18)→3230g(3.28)→3260g(4.21手術日)→3160g(5/23)→3200g(6/6)→3200g(7/4)→3220g(7/22)→3300g(8/29)→3240g(9/5)→3240g(9/16)→3380g(9/26)→3400g(10/17)→3400g(12/5)→3460g(2012.1/9)→3440g(1/16)→3620g(2/20)→3620g(2/27)→3460g(3/12)→3580g(4/9)→3560g(4/30)→3420g(5/21)→3400g(6/4)→3400g(7/2)→3300g(7/30)→3240g(8/6)→3260g(9/24)→3280g(10/22)→3300g(11/5)→3400g(11/19)→3300(12/10)→3460g(2013/1/22)→2/4(3400g)→2014/7/17(3200g)→7/29(2860g)最終体重。

T男&T美と同居中→2014年8月1日5時5分。任務を終え月へ帰って行きました。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


せっかくなので。羽衣さんの保健所の話

記事としてとりあげさせてもらいました。
文中に埋もれたら読んでもらえないかもしれないし。


以下羽衣さんの文です。

こんにちは。
保健所勤めの時、私は直接の担当者ではありませんでした。
でも、隣や向かいの席の人達が担当者でした。住民から通報(野犬がいる等)があったら捕獲する仕事の人もいて、色んな話を聞きました。
心ない訳ではなく、センチメンタルな気分のままじゃ、仕事をやめるしかないって感じでしょうか。
また、1~3年で配置換えなので、割り切りもできるのかもしれません。
捕獲する人達は配置換えはない、専属の人達でした。
最初の頃は心も痛み、辛かったそうですが、段々感じなくなってくると言われていました。
ただ、「野犬や野良猫に罪はない。全て人間が悪いんだ。」と熱く語ってありましたよ。

私が以前住んでいた所は、犬猫処分ワースト1の県でした。恥ずかしい話です。
捕獲、又は預けられた犬猫は保健所に1週間保管され、その間引き取り手がなければ処分センターに送られます。
更にそのセンターで1週間、引き取り手がないか待ち、それがなければ殺処分だそうです。
里親を募集したり、啓蒙活動も行われていますが、自分勝手な人間は後を絶ちません。
処分センターの人達も、辛い気持ちを抱えながら仕事をしている人が多い様です。
現場にいるから現実を見ざるを得ず、でも、何もできない自分に虚しさを覚える・・、地元のテレビでは度々特集があっていました。
その現実は、ここで書くのははばかられる程残酷で悲惨です。

保健所では、牛や豚、鶏等のと殺(肉にする為殺すこと)の現場の話も詳しく聞きました。

私はもともと食事の際は「いただきます」、終われば「ごちそう様でした。ありがとうございました。」で育てられたので、胃袋に入る食べ物に対する感謝の気持ちはありましたが、その話を聞いて以来、感謝というより申し訳なさの方が先に立つ感じです。
だから絶対に、食事を頂く際は命を捧げてくれた生き物達に御礼を言います。

私が犬や猫を飼う機会があったら、処分センターから引き取りたいと思っています。
重い話&長文で失礼しました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

羽衣さん、勝手してすみません。
なんか私、何回も読まなきゃいけないなぁ~って思ったので抜き出させてもらいました。

担当さんたちは、仕事として割り切らなきゃやってられないのですね。
それでも辛いでしょう。
そんな辛い思いを出来るだけさせちゃいけませんね。

動物は何も悪くないのですから。
悪いのは身勝手な人間。
身勝手にならないようにどうするか少し考えてみてくれたら動物もそれに携わる人間も辛い思いをしなくってすむのにね。

羽衣さんはちゃんとご挨拶してお食事してましたよね。
偉いな~って思いました。
私は夫と暮らすようになってから言うようになりました。
ただそこに羽衣さんのようにきちんと「感謝」というものがあるかどうか・・・自分でも良くわかりません。
その心を持っていただかないと駄目ですね。
【2007/11/12 17:07】 URL | シュウママ #-[ 編集]

シュウママさん、恐れ入ります。
これは、私が以前住んでいた県の中の、あるブロック(地域)の保健所の話なので、全国の保健所や処分センターが同じ状況だとは言いません。
ただ、こういう事実もあったという、一つの例として読んで頂ければ幸いです。
【2007/11/12 17:09】 URL | 羽衣 #-[ 編集]

くうを飼う前。。。
私がまだ、実家にいた頃、犬を飼っていました。
我が家の決まりで、犬はペット・ショップではなく、
動物愛護センターから引き取りました。
25年にわたり数匹の犬と生活してきましたが、
愛護センターか捨て犬を飼いました。

去年、NHKで
『ディロン~運命の犬~』と『ディロン~クリスマスの約束~』
が放映されました。
置き去りにされたゴールデン・レトリーバーの話しから物語は展開されます。
その中でも、保健所の事実も伝えられていました。
ディロンの飼い主(樋口可奈子)も、そこで里親探しの仕事を手伝います。
迷子になった犬を引き取りにきた親子。
我が犬に向かって
「なんてバカな犬なの。すみませんが、
 この犬をここに置いていきますので、
 好きに処分してください。
 あらっ!そこにいる子、可愛いわね。
 そっちの子をください。」と。
保健所の所長さん(平田満)は烈火のごとく怒ります。そして、やりきれないと…
でも、ディロンの飼い主は、
「助かる犬は、全体の1%、2%かもしれない。
 それでもゼロよりはいい!」
と言って、毎日、里親探しに精を出します。
テレビなので、とてもきれいに作られていると思います。
でも、このバカ親はテレビ的でなく、現実にもたくさんいるんでしょうね。
でも、因果応報…いつか、こういうバカちんにはバチが当たります。

私は、本当にもうママさん母娘の愛情をすばらしく思いますv-22
そして、羽衣さん、思い出すこともつらかったのに、
大切なことを伝えてくれてありがとう。。。
私も改めて、食事であれ、なんであれ、『動物』と
遭遇した時には、感謝の気持ちをきちんと持ちたいと思います。
【2007/11/12 18:12】 URL | くう姫 #-[ 編集]

 里親さんをHPで募集している保健所もありますよね。札幌も保護された動物の写真を掲載しています。犬や猫はムリだけど、うさぎさんなら何かできるかも?って半年前から時々見ています。
 先週だったかな?TVで保護された犬の親子と職員さんのお話を観て、親子でエーンv-409

 そのワンちゃんはしあわせになれたけど、こんないい話、ほんの一握りですよね。
 ブランド服を着て、高いご飯を食べさせてもらえるすごいワンちゃんもいれば、簡単に捨てられてしまうワンちゃんもいる。
 動物は飼い主を選べませんものね・・。
【2007/11/12 18:23】 URL | もうママ #tB5Uneiw[ 編集]

私が一番驚いて、にわかには信じ難かった話は、ただ単に、「面倒みれないけど、捨てたり安楽死させるのは自分が悪いことをした気分になるので、そっち(保健所)で引き取って下さい。」という論理展開をする人が少なからず存在するということです。
保健所側で、「ここに置いて行くと言う事は、殺処分させるということなんですよ。」と説明しても、何とか他の方法(引き取り手を探す努力をするとか)がないか説得しても、そういう人に限って全然効き目はないそうです。
また、子犬や子猫を度々持ち込む人もいるので、「飼い犬(飼い猫)の虚勢手術を検討して下さい。」と言うと、「そんなお金はない。保健所が出してくれるのか?」などと言い返す人も。
悲しいことに、そういうどう仕様もない論理展開で手に負えないのは、圧倒的に女性が多いという話でした。
それひとつをもって女性云々とは言いたくないし、ここに集まる方々にとってはそんな人間の存在自体が信じられないかもしれません。
産まれたからポイ捨ては勿論あってはならない行為だと思いますが、虚勢手術もせず、管理を怠って好き放題繁殖させ、産まれたら保健所に押し付けて自分には罪はないと思える、公言できる神経が理解できませんでした。
そういう人は、命を預かるという重みが全然分かっていないのだろうと思います。
自分は絶対にそんな風になりたくないと思います。
【2007/11/12 21:06】 URL | 羽衣 #-[ 編集]

子供を増やさないようにするって大事。

人間が勝手に本来やってはいけない行為なのかもしれないけど、みすみす殺す命を作るよりは、その方が幸せだと思います。

保健所の人がそこまで言ってくれるって知りませんでした。

そんなお金ないって。
2万円くらい、毎月タバコを減らしたり、外食を減らしたらすぐにたまるでしょうに。
自分たちの贅沢をやめられないからって、命を粗末にするなんて・・・
人間ってエゴの塊ですね・・・

うさぎはものすごく繁殖率が高いので、うさ飼いさんは本当に気をつけてます。
みんなで気を使うので、嫌な気分にもなりません。

そうそう・・
T男君が長く買っていたチャピ君(ビーグル)は、保健所から知り合いがもらい受け、その人が飼う事が出来なくなって、それをまた譲り受けたそうです。

T男君にとって命のささえのような犬でした。
本当は命尽きていたお年だったのですが、私と結婚するまでひたすら命を引き伸ばしてくれていたようです。
結婚して一年後に亡くなりました。
【2007/11/13 09:59】 URL | シュウママ #-[ 編集]

今は、人間の命でさえ軽く扱ってるとしか思えない事件が多発していますね。
小さな命を粗末にしているからこのような世の中になってしまった気がします。
恐ろしい世の中ですね。
悲しい世の中ですね。
【2007/11/13 10:45】 URL | ゆう #5Hmt.Ypc[ 編集]

T男さんはビーグルを飼ってたんですねv-286
長生きして、T男さんを守ってくれていたのかな。T男さんも大切に可愛がってあったんでしょう。

私の父は、散歩先の山から捨てられた犬を拾って来て育てました。
その溺愛ぶりは凄かったです。ほとんどお犬様状態(苦笑)。雑種犬なんですけどねv-290
ウチに遊びに来た友人や知人は一様に、その犬が室内犬ってことに驚いてました(笑)。
長生きしました。父を守ってくれていたんだろうな~と思います。

動物と共に暮らすのは大変なことも多いけど、楽しいことも多いし、色々学ぶこともありますよね。
アレルギーがあったり、飼育ができない環境で暮らしている人達は仕方ないですが、私はいつも何らかの動物と暮らすのが当たり前。
でも、夫は虫類~哺乳類全般が苦手なので、T男さんみたいに可愛がってくれません(泣)v-292
【2007/11/13 12:51】 URL | 羽衣 #-[ 編集]

 動物を飼うのは初めてでした。(過去に飼いたいと思ったこともありませんでした)

 でも、ひょんなことから飼うことになったピータンのおかげで、羽衣さんのおっしゃるとおりたくさんの事を教えてもらいました。子どもたちの情緒面でもとてもプラスになりました。なんと夫婦の会話も増えました(笑

 たくさんの幸せを与えてくれたはずのペットなのに、それに気づいていないのか、忘れてしまったのか・・捨てる前に思い出してほしいですv-390
【2007/11/13 21:59】 URL | もうママ #tB5Uneiw[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kobukuroya.blog118.fc2.com/tb.php/62-b40d6831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。