シュウ(うさぎ)の自由だらけ
シュウ(ロップMIX)の気ままな生活☆ うさぎなのに自由がいっぱい☆

プロフィール

シュウまま

Author:シュウまま
2006年2月頃誕生
450g→2560g(2007.9/10)→2700g(11/7)→2640g(12/4)→2760g(08.2/1)→2940g(4/4)→2740g(5/23)→2780g(5/29手術日)→2820g(6/3)→2780g(6/9)→2780g(6/27)→2660g(8/29)→2720g(10/31)→2800g(12/2)→2860g?(12/19)→3000g(200.9.2/2)→3020g(3/16)→3080g(5/11)→3080g(6/26)→3180g(8/7)→3150g(9/7)→3000g(9/27)→3100g(10/6)→2980g(11/13)→3050g(11/23)→3025g(11/24)→3050g(12月11日)→3100g(12/19)→3220g(2010/1/18)→3250g(1/25)→3160g(3/5)→3200g(3/5)→3320g(4/2)→3280g(4/19)→3200g(4/26)→3040g(5/21)→3000g(6/14)→3060g(7/5)→3050g(8/2)→3200g(8/9)→3180g(10/4)→3200g(10/11)→3150g(11/8)→3200g(11/15)→3150g(12/13)→3320g(2011・1/18)→3380g(2/7)→3360g(2.21)→3280g(3.18)→3230g(3.28)→3260g(4.21手術日)→3160g(5/23)→3200g(6/6)→3200g(7/4)→3220g(7/22)→3300g(8/29)→3240g(9/5)→3240g(9/16)→3380g(9/26)→3400g(10/17)→3400g(12/5)→3460g(2012.1/9)→3440g(1/16)→3620g(2/20)→3620g(2/27)→3460g(3/12)→3580g(4/9)→3560g(4/30)→3420g(5/21)→3400g(6/4)→3400g(7/2)→3300g(7/30)→3240g(8/6)→3260g(9/24)→3280g(10/22)→3300g(11/5)→3400g(11/19)→3300(12/10)→3460g(2013/1/22)→2/4(3400g)→2014/7/17(3200g)→7/29(2860g)最終体重。

T男&T美と同居中→2014年8月1日5時5分。任務を終え月へ帰って行きました。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もぐさん、また一緒に遊ぼうな

23290441_3093316381s.jpg

食いしん坊でママが大好きっ子のもぐさん。
旅立ちももぐさんらしかったのかな。

僕にとっては本当にかわいい弟分。
ママが大好きなのにママと離れて、いつも僕と一緒に追いかけっこしてくれたよね。
楽しかったね。


http://www.youtube.com/watch?v=l9KWIPqwyLk

もぐさんと遊べたのは少しの間だったけど、僕の中では深いあったかい思い出としていつも思いだされるんだ。

ママが大好きなのにキャリーやカートに入れられるのに抱っこされるのは大嫌い。
いっつもひょいとつままれてたね。
そのキャリーに僕がおしっこしちゃった時もあったっけ(ごめんね。)

下向いて何しているのかな?って思ってたら下の草をずっと食べてたね。
僕は草にやきもちを焼いたよ。
僕と草とどっちが好きなんだ。って。
でも僕は負けた・・・・
25382086_3948028327s.jpg


とっても心やさしかったもぐさん。
僕の大切な友達&弟分

旅立ちの時、ママにどんな約束をしたのかな。
ママが悲しみから立ち直った時思い出してくれるといいね。
きっと大丈夫。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この頃次々に僕のお友達は月へと旅立っていく。
ぼくらうさぎの時間はパパやママと比べてすごく短い。
でもみんなその短い時間を精一杯愛してくれる。
だから悲しみも深く、後悔も重たく心に突き刺さるのだと思う。
でもね、生きている僕が言うのも変だけど、僕らは全部それを理解して旅立つのだ。
精一杯愛してくれた家族がいたことを月への手土産としてね。
そしてね、本当に辛いことがあった子にはそれを分けてあげるんだ。
幸せはみんなで分け合わなきゃね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

もぐさん、はじめまして☆
お月様の案内はぼくに任せてね。
ぼくも未だお月様では新米なんだけどね。。

もぐママさんへ☆
いまはとても辛いと思いますが、
少しずつ悲しみから楽しい思い出に変えてくださいね。
ぼくのパパもまだ時々メソメソしてるみたいだけど、
ぼくのかわいい妹とさいきんラブラブになってきたよ。
だからぼくはもう安心してるんだ。
もぐさんのことは任せてくださいね☆
【2010/06/28 12:52】 URL | ☆カナたん☆ #no8j9Kzg[ 編集]

一番上の、いいお写真ですね。
人間の友達同士がフツーに並んで歩いているようで。

もぐさんの御冥福をお祈りいたします。
もぐママさん、お力落としのないように。。。
【2010/07/01 17:35】 URL | あぷちー #lKuNWnOY[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kobukuroya.blog118.fc2.com/tb.php/363-404f0f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。