シュウ(うさぎ)の自由だらけ
シュウ(ロップMIX)の気ままな生活☆ うさぎなのに自由がいっぱい☆

プロフィール

シュウまま

Author:シュウまま
2006年2月頃誕生
450g→2560g(2007.9/10)→2700g(11/7)→2640g(12/4)→2760g(08.2/1)→2940g(4/4)→2740g(5/23)→2780g(5/29手術日)→2820g(6/3)→2780g(6/9)→2780g(6/27)→2660g(8/29)→2720g(10/31)→2800g(12/2)→2860g?(12/19)→3000g(200.9.2/2)→3020g(3/16)→3080g(5/11)→3080g(6/26)→3180g(8/7)→3150g(9/7)→3000g(9/27)→3100g(10/6)→2980g(11/13)→3050g(11/23)→3025g(11/24)→3050g(12月11日)→3100g(12/19)→3220g(2010/1/18)→3250g(1/25)→3160g(3/5)→3200g(3/5)→3320g(4/2)→3280g(4/19)→3200g(4/26)→3040g(5/21)→3000g(6/14)→3060g(7/5)→3050g(8/2)→3200g(8/9)→3180g(10/4)→3200g(10/11)→3150g(11/8)→3200g(11/15)→3150g(12/13)→3320g(2011・1/18)→3380g(2/7)→3360g(2.21)→3280g(3.18)→3230g(3.28)→3260g(4.21手術日)→3160g(5/23)→3200g(6/6)→3200g(7/4)→3220g(7/22)→3300g(8/29)→3240g(9/5)→3240g(9/16)→3380g(9/26)→3400g(10/17)→3400g(12/5)→3460g(2012.1/9)→3440g(1/16)→3620g(2/20)→3620g(2/27)→3460g(3/12)→3580g(4/9)→3560g(4/30)→3420g(5/21)→3400g(6/4)→3400g(7/2)→3300g(7/30)→3240g(8/6)→3260g(9/24)→3280g(10/22)→3300g(11/5)→3400g(11/19)→3300(12/10)→3460g(2013/1/22)→2/4(3400g)→2014/7/17(3200g)→7/29(2860g)最終体重。

T男&T美と同居中→2014年8月1日5時5分。任務を終え月へ帰って行きました。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エンセの虫って・・・

一匹だけかと思ってた。
そうじゃなくって脳の中にたくさん住み着いているんだって。
なんだかショック。

針灸の先生のお話・・・

シュウは陽性(母子感染によるもって生まれたものだと思われる)→2回の投薬で陰性へ。
今回は検査はしてないが、たぶん陽性になっているでしょう。

陰性になった時はたまたま免疫があがっていて、虫たちが息をひそめていたと考えた方がよさそう。
免疫があがっていると虫たちは活動がしにくいらしい。

薬は一定期間(28日)与えることで、今活動しているもの、冬眠?して活動してないものの両方を駆除することになるらしい。
これはダニの駆除と似ているのかなって思ったりもする。
でも結局全面駆除は出来ないらしい。

きち先生に以前聞いた話は
一定期間投薬するのは脳へのドアがいつ開くかわからないためと言われた。
脳への扉っていつもは閉まっているけど、こうやって具合が悪くなるとそのドアもおかしくなって不定期に空くことがあるらしい。
その時に薬が脳へ入って行けるように続けるのだと。
この薬は24時間効いているので、一日一回同じ時間に飲ませることで継続的に薬を体内にとどまらせることができるとのこと。

二人の先生の話が違うのではなく、たぶん全体は同じなのだけどどこを重視するかなのだと思った。
これも西洋医学と東洋医学の違いなのかもしれない。


エンセはうさぎの70%以上が生まれもって持っているといわれている。
なぜこんな不思議な事が起こる病気をこのか弱きうさぎがもって生まれてくるのだろう。
自然界では斜頸になったら生きていけないだろう・・・
強いものが生き残れる遺伝子を作り出すためなのだろうか。


今日もあんまり口にしなかったシュウ。
シリンジで無理やり口に突っ込んでも、飲みこむのはほんの少しだけ。
それでもいいのだろうか?
あまり無理にやりすぎるとシュウの場合はのどに詰まる可能性が高いので、それ以上の無理も出来ない。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。