シュウ(うさぎ)の自由だらけ
シュウ(ロップMIX)の気ままな生活☆ うさぎなのに自由がいっぱい☆

プロフィール

シュウまま

Author:シュウまま
2006年2月頃誕生
450g→2560g(2007.9/10)→2700g(11/7)→2640g(12/4)→2760g(08.2/1)→2940g(4/4)→2740g(5/23)→2780g(5/29手術日)→2820g(6/3)→2780g(6/9)→2780g(6/27)→2660g(8/29)→2720g(10/31)→2800g(12/2)→2860g?(12/19)→3000g(200.9.2/2)→3020g(3/16)→3080g(5/11)→3080g(6/26)→3180g(8/7)→3150g(9/7)→3000g(9/27)→3100g(10/6)→2980g(11/13)→3050g(11/23)→3025g(11/24)→3050g(12月11日)→3100g(12/19)→3220g(2010/1/18)→3250g(1/25)→3160g(3/5)→3200g(3/5)→3320g(4/2)→3280g(4/19)→3200g(4/26)→3040g(5/21)→3000g(6/14)→3060g(7/5)→3050g(8/2)→3200g(8/9)→3180g(10/4)→3200g(10/11)→3150g(11/8)→3200g(11/15)→3150g(12/13)→3320g(2011・1/18)→3380g(2/7)→3360g(2.21)→3280g(3.18)→3230g(3.28)→3260g(4.21手術日)→3160g(5/23)→3200g(6/6)→3200g(7/4)→3220g(7/22)→3300g(8/29)→3240g(9/5)→3240g(9/16)→3380g(9/26)→3400g(10/17)→3400g(12/5)→3460g(2012.1/9)→3440g(1/16)→3620g(2/20)→3620g(2/27)→3460g(3/12)→3580g(4/9)→3560g(4/30)→3420g(5/21)→3400g(6/4)→3400g(7/2)→3300g(7/30)→3240g(8/6)→3260g(9/24)→3280g(10/22)→3300g(11/5)→3400g(11/19)→3300(12/10)→3460g(2013/1/22)→2/4(3400g)→2014/7/17(3200g)→7/29(2860g)最終体重。

T男&T美と同居中→2014年8月1日5時5分。任務を終え月へ帰って行きました。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



※最後に見てね またもや闘病中4 写真&動画編

先日買った分のちんげんさい。4日前くらいかな。
今日はこの倍買いました。

CIMG3739.jpg

CIMG3735.jpg


たち抱っこ中のシュウ
CIMG3747 - コピー

最近のシュウ
CIMG3722.jpg

CIMG3697_20140617183639899.jpg

CIMG3693.jpg

喉が詰まっているところの動画
自然に治まったバージョン



スポンサーサイト

またもや闘病中 3

続き2

あの事件??から一週間後に通院。
先生もひくひくを治まった僕を見て感動。

これからも抱っこしてしてあげてくださいね。って。
10分もきついです。って言ったら5分に短縮してくれた。
これで僕も楽になるかな。


それから一か月は安泰な日々が続いた。
でもね、それはT美が気が付かないところで起こっていただけだったんだ。

一か月後にまた病院へ行ったんだけど、次に日から頻繁にひくひくも起こすし、吐くし、鼻水も出るようになってきた。
僕の体の限界がまた近づいてきたようだから仕方がないのかもしれない。

今度はT美が気が付くところでもそういうことを見せていた。
大慌てなT美だった。
あの平穏な一か月はなんだったのかと・・・

先生にも連絡して病院へ連れて行くか相談もした。
予約は入れてもらったけど、行かなくって正解だったかも。
もしも病院に行っていたら、ちょうど病院から帰る時間頃にゴホゴホとし始めた僕だったから。
先生にも電話でその旨連絡した。

それからは頻繁に繰り返す僕を見て、最初はあわてていたけど最近は「頑張れ~」って声援を送っていたりする。
そんな状態の中「どうする?抱っこする?」って聞かれてもね、答えようがないしね。
抱っこしなくっても自然に治まることもあるから、それ待ちしていたみたいだけどね。

今の僕の状態は食道アカラシアかもしれないけど、もしかしたら繰り返すのはエンセの可能性もあるかも。って先生が言ってた。
てんかんみたいなものかも・・・
確かにね、いたずら虫は脳で何をしでかすかわかったもんじゃないからね。
ただそうだとしてもまた28日も毎日まずい薬を飲むのは勘弁だ。
抱っこは嫌だがまだそれの方がましだと思ってる。

そんな僕もだいぶ期間があいた換毛が来た。
詰まりやすいものが増えたとT美が頭を抱えている。
普通のうさぎさんはおなかで詰まるんだけどね、僕はその前で詰まる。
やっぱりうさぎじゃないのかな。

僕は毎日より好きなものしか食べない。
それくらいは神様も良しとしてくれるよね。
今大好きなのはちんげんさい。
食べたら次にちんげんさいが出てくるんだよ。
いいでしょう。
僕はね、葉っぱの大きな青梗菜が特に好きなんだ。
小さいのはね、T美たちにあげる。
それに茎もね。
ぼくんちの冷蔵庫ね、ちんげんさいの茎でうまっちゃって、毎日ちんげんさいをT美もT男も食べなきゃいけないって嘆いてる。
近くでほしい人がいたらいつでもあげられるんだけどね。

あとはトッポ(*^_^*)
喉に詰まるからって小さく折ってからしかくれないんだけど、しかたないか・・・

それとハムスターのご飯(クッキー)

あとゴマもね・・・おかわり自由だから無くなったら入ってるよ。

たまには他のお野菜もつまみ食い。
乾燥したキャベツとブロッコリーも好きかな。
ジジがサボっている畑で頑張ってる野菜たちだけど、味はなかなかのものだよ。

一回吐いちゃうとね、だいぶ楽になるからT美はびっくりするけど、僕はびっくりするほど辛くはないんだ。
痰がつまって辛そうになるおじさんが吐きだそうとしているのと同じだと考えてくれるとわかりやすいかな。
僕は僕のペースで吐き出そうとしているから、そんな時はT美は後をつけてくるけど、抱っこしたりは絶対にしない。
抱っこされたらのどに詰まって本当に死んじゃうかもしれないってわかってくれているみたい。

この頃は吐くより鼻水の方が多いから、鼻水出ると追い掛け回されて鼻チ~ンってされちゃうのは嫌だ・・・・

仙人先生のところへ行けばいろいろ楽になるのはわかっているけど、僕が電車の中でどうなるかわからないから行けないみたい。
T美の運転じゃ都内は走れないからなぁ・・・車は無理だしね。
早く行きたいけどしばらく我慢かな。

今日はアリメペットのでかいのが2つとハムスターのごはんが届いたんだ。
僕の大好物。
でもね・・・お店の人はハムスターを飼っている人かと思ったらしく、ハムスターの試供品をつけてくれてた(笑)
心遣いはうれしいけど・・・(困惑)
まさかうさぎの僕が食べるご飯の注文だとは思わないよね(笑)


もしこの病気だとすると、治療方法も今のところないんだって。
人間すらないのだから、うさぎはとうてい無理ってところかな。
でも治療法がない病気なんてごまんとあるから、ぼくだけ特別辛いというわけでもなく、なるようになるしかないね。

最初に戻るけど、「うさぎは吐けない」という誤解から死を早めてしまう恐れがあるってことを頭に置いといて欲しいな。
吐くはずがないという先生なら、違うところでも診てもらった方がいいと思う。
時間がたてばたつほど命が縮まってしまうのだから。

吐く状態の前に食べられない。って事があるから、食滞やうっ滞と間違えることもあるかもしれない。
検査や治療も慎重にしないとこれまた死の危険があることもわかっておいてほしい。
うっ滞でもその前にお口をくちゃくちゃずっとしていたり、歯を鳴らしてたら僕と同じを疑ってほしい。

僕の場合、先生がちゃんと僕が今どんな状態に置かれているか見抜いてくれた。
そんな先生に診てもらっている僕はラッキーだったとしか言えないかもしれない。
でもね、ママやパパ達が詳しく状態を伝えることで、みんなの先生も疑問をもってくれるかもしれない。

続く・・・写真&動画編

※ずっとお休みしていたのにずっとシュウを見守ってくれていた方々ありがとうございます。




またもや闘病中2

続き1

僕の異変があったのはいつからだったんだろう?
今の状態にあるのは4月の終わりからなんだけど、去年の夏にも一回吐いてるんだよね。
その時はT美も僕もこんな事態が僕の体の中で起こっているなんて気が付きもしなかったよね。

僕が12月の終わりに目を怪我してずっと毎週のように病院に通ってたんだ。
そしてついでにお耳の治療もね。
きち先生も仙人先生もそのストレスもあるかもね。って言ってた。

目の治療も一段落ついたから、T美に耳の治療はもうやだよ。って僕は伝えたんだ。
だからT美がそれを先生に言ってくれたの。
先生も様子をみながら伸ばしていきましょう。ってなったんだけど、僕の体は時すでに遅しで・・・だいぶ痛んでた。

僕はこのころ、歯を鳴らすことも多かったし、口に入ってないのにモグモグとしていたことも多かった。
食べられなくなる日もあったりして・・・
僕自身は体の中で何かおかしなことが起こっているって少しずつ思いはじめていた。
でも僕はそれを伝える手立てがなかった・・・・

お耳の治療の期間をあけてもらって一か月後に先生のところへ行ったんだ。
それで帰ってきてから食べるのをやめた。
もう強硬手段しかないかと。

T美は食べない僕におなかの動く薬を飲ませつつ、2~3日様子を見てたけど、だんだと食べなくなる僕をいよいよおかしいぞ。って思ったらしく、僕を病院へ連れて行くことにした。

病院で先生に今までの話をして、歯も念入りにみてもらったけど異常が発見できず・・・
でも「食べてないから強制給餌する?」って聞かれてT美が「お願いします」と言っていた。

僕はもうここしかないと思った。
先生に今の状態を知ってもらうためには・・・・実力行使だと。
強制給餌の3本目を吐いてやったのだ。
先生の眼の前なら安全だしね。
僕も命がけだったけど、ちゃんと先生はそれに応えてくれた。
その時は鼻やら口やらに管をいれて吸われちゃったけどね・・・

僕はその時にちょっとのどにつっかえたものが残ってしまったようでひくひくとなってしまったんだ・・・・
その日はそのあとに経過をみながら点滴してお薬をもらって帰ったんだ。
家に戻ってもひくひくは治らないし、ご飯も喉を通らない・・・

家ではT美が僕の食べてるペレットやら乳酸菌やらをミキサーにかけて強制給餌用のご飯を作って僕に無理やり食べさせた。

お薬の切れる3日が経ったので、先生に連絡をとってた。
先生も色々調べてくれて(本当に忙しいのに申し訳ない・・・)予想結論として前に書いた事が僕の体の中で起こっているのではないかと教えてくれた。
先生が今までみたうさちゃんの中で3匹だけその実例があったとのこと。
そのうち一匹は寿命をまっとうしたとも教えてくれた。

それは・・・
「食道アカラシア」ではないかと。
もしそうだとすると立たせて抱っこが有効かもしれないと。
もしそれでもだめならチューブと直接胃に通してご飯を入れるしかないとも。

その抱っこというのが・・・
最初3時間って言われて「無理です」って即答していたT美だった。
そしたら「30分でもいいから」と言われて「頑張ります」って言ってた。
命にかかわることでも「無理です」ってT美は言っちゃうんだな・・・・
抱っこが嫌いな僕を知っているからそう言ったのだろうけど・・・一応、頑張ります。ってその時言ってほしかった。

僕もT美も必死で立て抱っこ頑張りました。
T美の服は僕が噛み噛みしたからぼろぼろになってた。
でも僕悪くないもんね

30分終わって降ろされた僕・・・
「あれ?ひくひくが無くなった???。おなかすいちゃったかも」
って、おろされてすぐから大好きちんげんさいを食べられた(*^_^*)

T美もびっくり~
泣いてるんだもん。笑っちゃうよね。

次の日からT美とT男で交代で立ち抱っこの日々が始まった。
嫌だけど仕方ないね。
T男は傷だらけ(笑)

続く・・・







またもや闘病中

ずっと闘病中・・・・
僕、うさぎとしては不思議な病と闘ってるんだ。

うさぎって「吐く」って知ってる?

「え~ありえない。」って言っているママやパパ達・・・
そんなこと言ってたら、かわいいわが子の寿命が短くなっちゃうんだよ。
だからその古い観念は捨て去ってね。
今日からは「うさぎは吐ける」ってインプットだからね。

ただね、胃の中のものは僕らの体的な構造で吐くことは出来ないんだ。
ぼくらのいつもの恰好(座ったり、寝たり)だと食道の上に胃に入り口があるらしいので、胃に入ったら逆流は出来ないってことなんだ。
人間のように上からスト~ンって食道通って胃に入っていく構造ではないんだって。

だったら胃の手前で止まってしまった場合はどうだろう。
胃の手前、すなわち食道だね。
そんなことになったらどんどん食道に口から入ったものがたまってしまうことになってしまう。
それは吐き出すしかどうしようもないんだ。
だから出てくるものは水分と細かい粒子のみ。(噛み切ってない場合は固形も出る)
口だけでなく鼻からも・・・
だから鼻水が緑だったりする。

たぶん吐くだけでは命までは取られたりはしないとは思っているんだけど、吐く際に肺に入り込んでしまう事があるんだって。
これは人間も同じだよね。
お年寄りはこれで亡くなるケースもありみたいだから。
ぼくたちうさぎもそんなことになったら一発アウトかな。

僕の場合はたぶん年をとったせいかな・・・
それで食道を支えているものたちの力がなくなって垂れ下がってしまったんじゃないかって。
検査をすることが命取りになるので、検査していないからあくまでも「~かも」となってしまうけどね。

続く