シュウ(うさぎ)の自由だらけ
シュウ(ロップMIX)の気ままな生活☆ うさぎなのに自由がいっぱい☆

プロフィール

シュウまま

Author:シュウまま
2006年2月頃誕生
450g→2560g(2007.9/10)→2700g(11/7)→2640g(12/4)→2760g(08.2/1)→2940g(4/4)→2740g(5/23)→2780g(5/29手術日)→2820g(6/3)→2780g(6/9)→2780g(6/27)→2660g(8/29)→2720g(10/31)→2800g(12/2)→2860g?(12/19)→3000g(200.9.2/2)→3020g(3/16)→3080g(5/11)→3080g(6/26)→3180g(8/7)→3150g(9/7)→3000g(9/27)→3100g(10/6)→2980g(11/13)→3050g(11/23)→3025g(11/24)→3050g(12月11日)→3100g(12/19)→3220g(2010/1/18)→3250g(1/25)→3160g(3/5)→3200g(3/5)→3320g(4/2)→3280g(4/19)→3200g(4/26)→3040g(5/21)→3000g(6/14)→3060g(7/5)→3050g(8/2)→3200g(8/9)→3180g(10/4)→3200g(10/11)→3150g(11/8)→3200g(11/15)→3150g(12/13)→3320g(2011・1/18)→3380g(2/7)→3360g(2.21)→3280g(3.18)→3230g(3.28)→3260g(4.21手術日)→3160g(5/23)→3200g(6/6)→3200g(7/4)→3220g(7/22)→3300g(8/29)→3240g(9/5)→3240g(9/16)→3380g(9/26)→3400g(10/17)→3400g(12/5)→3460g(2012.1/9)→3440g(1/16)→3620g(2/20)→3620g(2/27)→3460g(3/12)→3580g(4/9)→3560g(4/30)→3420g(5/21)→3400g(6/4)→3400g(7/2)→3300g(7/30)→3240g(8/6)→3260g(9/24)→3280g(10/22)→3300g(11/5)→3400g(11/19)→3300(12/10)→3460g(2013/1/22)→2/4(3400g)→2014/7/17(3200g)→7/29(2860g)最終体重。

T男&T美と同居中→2014年8月1日5時5分。任務を終え月へ帰って行きました。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっとおなかの調子も良くなった

T男が僕を「でぶ」「でぶ」っていうから、僕はかなり心が痛み、
そのストレスで腸にいつもおとなしくしている菌がいたずらを始めたのだ。

月曜日に健康診断に行ったのはこの間書いたよね。
月曜日に体重はかっても「3620g」と変わらずだったので、またT男に「デブ」と言われた。
そしたら火曜日には●が小さくなって、午後にはやわらかくなってしまった。
そして水曜日には暗い部屋でこもった。
●はゼリーみたいなのが一緒に出てきたので、T美は大慌て。
木曜日は先生のところは休みなんだけど、電話したら来てもいいっていうから夜に病院へ行ったよ。

おなかぽんぽんってして、お薬をのませてもらって帰ってきたんだ。
そのお薬もやっと今日全部終わった。
おなかの調子も良くなったし、T男も「デブ」と言わなくなったからもう大丈夫。

シュウに2回も病院に行くことになるとはね・・・疲れたよ。
お薬もまずいしさぁ・・・
病気は嫌だね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


シュウの闘病記

28日、朝涙目●で大きさも小さいので、ペトロを食べてもらいました。
夜になるにつれ、大きさは戻ったけど触ると濡れているし柔らかいし、よく見ると粘着物もついている。
もしかしたらペトロを食べすぎかな。って思って様子を見ることに。

29日は朝からずっとそんな調子で、とりあえず仕事に行って帰ってきたら寝室にこもってました。(真っ暗で寒い)
具合が悪いからそういうとこに隠れるのだと思った。
でもご飯は普通に食べてるし(でもペレットだけ残す)野草に関してはいつもよりもバリバリ食べていたので、もう少し様子を見ることにしました。
野草は水分が多いから●が柔らかくなるのかも。って思って、少し夜は減らしてみました。

夜に本でこの症状に当てはまるものはないかと調べてみると「粘着性腸疾患」でした。
その原因の一つが抗生物質が合わなかった場合とあったので、もしかしてこれかも。って心配になりました。
シュウのあごの下に塗っている薬には抗生物質が入っていると先生が言っていたので、もしかしたら塗りすぎてなめてしまって具合が悪くなったのかも。

3月1日は木曜日で、先生のところは手術があり、外来に受付もない日でしたが、仕事が終わってからお昼前に電話したら手術が終わるころに時間なら診てもらえるといわれたので助かりました。

家に帰っても相変わらずの●でした。
下痢はどうも盲腸糞が下痢状になって出てきていたようです。
下についたのも食べていたので。
食べているから栄養は大丈夫だろうと思いました。
おしりも汚れているので少しきれいにしておきました。

6時からだったので、4時過ぎに家を出発して6時少し前につきました。
他に一組のうさぎさんの家族がいて、シュウは2番目に呼ばれました。
先生の診てもらったところ、上に書いた病名でした。(粘着性腸疾患)

触診しただけで済みました。
おなかもポンポンはじいてましたがガスもたまってないようでした。

あごの薬のせいではないかと確認したところ、病気にさせるほどの量ではないのであり得ないと言われてほっとしました。
確かにほんの一たれくらいですから、それを塗ってなめたとしても相当少ないです。
それに以前にダニに刺されたときにも出されていてその時はもっと塗ったけど何にもおきませんでしたから。

なんかの原因で腸の動きが悪くなり、そこにいた菌が悪さをしたのではないかとのことでした。

粘着性のゼリーみたいなのは「コム???」とかいう腸を守るために出てくる粘着性の物質だそうです。

普通は子ウサギがかかるそうで、子ウサギがかかると死んでしまう可能性がかなり高いと言われました。
大人ウサギの場合は死んでしまうことはないけど、下痢が酷くなるようなら連絡ください。と言われました。

その場で先生にお薬を2つ飲ませてもらいました。
下痢止めと抗菌剤です。
下痢止めはバナナ味なのでおいしいのですが、抗菌剤はまずいそうです。

先生は逆さで保定して何事もないようにお口にシリンジを差し込み飲ませてしまいました。
私も家で飲ませなきゃいけないので、先生にチョコに混ぜていいか確認したところOKが出ました。
でもよく考えると腸の調子が悪いのなら直で飲んでもらった方が効き目もあるのではと思い、逆さ抱っこで飲ませても大丈夫か聞いたらこれもOKが出ました。

お薬は下痢止めが3日分、抗菌剤が6日分出ました。
その日の分はもう飲ませてもらったので明日からということでいわれました。

ついでにこの間聞きそびれて足の裏は大丈夫か聞いてきました。
「完璧」って言われちゃいました。
こんなに平らなにの??
それでいいそうです。
ふかふかしている方が足の裏には悪いみたいですね。(ソアホックになりやすい)
シュウはよく歩くので足の裏の毛が全部固くなってます。

お会計はお薬と合わせて3570円でした。
もしもレントゲンやら検査やらしてたらえらいこっちゃになるところでした。

お薬を飲ませて2日ほどで濡れていない●が出てくるようになりましたし、下痢盲腸糞も止まりました。
お薬は下痢止めのある3日間は逆さ抱っこでの投薬、残りの3日間はチョコ仕様で飲んでもらいました。
チョコ仕様を作るときに手についたのでなめてみたら、抗菌剤はとっても苦かったです。
チョコなら騙されるんだ(笑)って思いました。

食欲も以前に増してで、ダイエットどころではなくなりました。
さて、どうなることやら。

一番の原因はシュウも言っているように「ストレス」なんだろうな。って思いました。

食べていても病気になってしまうものですね、改めてウサギの病気は分かりにくいな。って思いました。

最初は2つの薬は別々にシリンジに用意。

CIMG7454.jpg

2回飲ませると吐き出すリスクも高くなるので1つのシリンジに混ぜて用意

CIMG7469.jpg

チョコ仕様

CIMG7487.jpg


まったくやらやれ・・のシュウ。

CIMG7467.jpg

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。