シュウ(うさぎ)の自由だらけ
シュウ(ロップMIX)の気ままな生活☆ うさぎなのに自由がいっぱい☆

プロフィール

シュウまま

Author:シュウまま
2006年2月頃誕生
450g→2560g(2007.9/10)→2700g(11/7)→2640g(12/4)→2760g(08.2/1)→2940g(4/4)→2740g(5/23)→2780g(5/29手術日)→2820g(6/3)→2780g(6/9)→2780g(6/27)→2660g(8/29)→2720g(10/31)→2800g(12/2)→2860g?(12/19)→3000g(200.9.2/2)→3020g(3/16)→3080g(5/11)→3080g(6/26)→3180g(8/7)→3150g(9/7)→3000g(9/27)→3100g(10/6)→2980g(11/13)→3050g(11/23)→3025g(11/24)→3050g(12月11日)→3100g(12/19)→3220g(2010/1/18)→3250g(1/25)→3160g(3/5)→3200g(3/5)→3320g(4/2)→3280g(4/19)→3200g(4/26)→3040g(5/21)→3000g(6/14)→3060g(7/5)→3050g(8/2)→3200g(8/9)→3180g(10/4)→3200g(10/11)→3150g(11/8)→3200g(11/15)→3150g(12/13)→3320g(2011・1/18)→3380g(2/7)→3360g(2.21)→3280g(3.18)→3230g(3.28)→3260g(4.21手術日)→3160g(5/23)→3200g(6/6)→3200g(7/4)→3220g(7/22)→3300g(8/29)→3240g(9/5)→3240g(9/16)→3380g(9/26)→3400g(10/17)→3400g(12/5)→3460g(2012.1/9)→3440g(1/16)→3620g(2/20)→3620g(2/27)→3460g(3/12)→3580g(4/9)→3560g(4/30)→3420g(5/21)→3400g(6/4)→3400g(7/2)→3300g(7/30)→3240g(8/6)→3260g(9/24)→3280g(10/22)→3300g(11/5)→3400g(11/19)→3300(12/10)→3460g(2013/1/22)→2/4(3400g)→2014/7/17(3200g)→7/29(2860g)最終体重。

T男&T美と同居中→2014年8月1日5時5分。任務を終え月へ帰って行きました。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



うさぎまつり外伝2

公園には犬がいっぱいいたなぁ。
ちょっとからかってやろうと大型のやつに走り寄ったら、T美がすごい勢いで追いかけてきた。
おいおい、そっちの方が怖いぞ。
何やら、犬の飼い主さんに謝っている。
僕はまだ何にもしてないのに・・・

続いて小さい犬がやってきた。
だから僕はまたから買ってやろうと思って走り寄った。
そしたらまたT美が追いかけてきた。
「あなたはうさぎなんだから、犬の追うのはやめなさい」だって。
うさぎが犬を追っちゃいけないって誰が決めたんだ??
まぁいいか。僕を心配してのことだから。

なんだかこの日はマラソンのせいで騒がしくって。
全然うさぎのパパやママじゃない人が僕にカメラを向けてくる。
そしてその前に「犬?じゃないよね」っていうのだった。
どうみても僕は「うさぎ」でしょう。
まったく。

そのマラソンも佳境に入ったのか、どんどんと人だかりに。
僕たちの遊びの邪魔をした憎っくきマラソン。
僕もいっちょのぞいてみるかと人だかりの先のマラソンロードに行こうとすると、やはりT美に制止された。
どうもT美は僕が一緒に走ろうとしているのではないかと誤解したようだった。
走るわけないじゃんね。
世界の戦いだぞ。
まぁ、僕が負けるわけがないが・・・ただうさぎというのは短距離には強いが、長距離には弱い。
マラソンなんてもってのほかなのだ。

しかしいっぱい書くと疲れるなぁ~
CIMG8916.jpg

スポンサーサイト

うさぎ祭り外伝

そういえば、たくさんの人が僕をだっこしたっけね?
みんな僕をぎゅうぎゅうするんだ。
なんかね、この抱き心地がサイコ~とか言って。
僕はみんなより大きいからぬいぐるみみたいなんだって。
みんな小さいもんね、僕の半分もない子もいるから、それには僕がびっくりだ。
とにもかくにも・・・T美よりみんな抱っこが上手なのだ。

暑い会場の中での抱っこは辛かったなぁ。
暑いんだもん。
去年はずっとあの中にいたから本当に暑かったんだ。
ぼくみたいな暑がりなうさぎさんが遊びに行くところではないのかもしれないな。
くうちゃんは寒がりだからちょうど良かったみたい。
せっかく一緒に行ったのに、全然遊ばなかった。残念。
くうちゃん、僕が一緒だったこと覚えててくれたかな?

六君のママは六君をパパに預けて、僕のお世話をしてくれてありがとう。
僕のお世話かかりをしてくれてたからか、いっつもママと間違えられてたね。
六君ごめんね。

僕が外に出て目の前に公園だ~って時、T美は写真を撮っているおじちゃんに声をしきりにかけていた。
「この子もよろしくお願いします」って。
この子って僕の子とか??
のんちゃんのママとT美と何か画策中??
しばらく待つこと数分。。。
僕はT美に抱っこされ、のんちゃんのママと並んで記念撮影。
どうせならのんちゃんのママに抱っこされたかったよ。
苦しいんだもん、T美の抱っこは。

撮影も終わりやっと公園へ。。。
と行きたかったのだが、道路が閉鎖され目の前の公園に行けないのだ。
目の前だというのにだ。
なぜかというと、「横浜国際女子マラソン」っていうのを前の道路でやっていたのだった。
このまま公園に行けずに終わるのかと思いきや、どどどどど・・・っと人が動く気配。
僕とT美とのんちゃんのママは急いでその流れに乗った。
やっと公園についたんだ。

そこにはみんなが遊んでた。
僕ももっと早く遊びたかったぞ。
この間の公園もみんなに出遅れて今日も出遅れだ。
全部T美のせい。
反省のない奴だから、もう反省せい!とは言わないでおく。

久しぶりにうーちん兄貴。
なんか小さくなってたぞ。
僕がでかくなっているだけかもしれないが。
でもね、やっぱり兄貴。
ぐんぐんとみんなをひっぱって、グルぐ回ったり、電車ごっこをしたりしたんだ。
少し後ろでその光景を眺めていた、弟君の陸君も参加。
兄弟っていいね。

うーちん君のパパ、僕らをクルクルしてたぞ。
僕らの仲間に入っているつもりで遊んでいたのだろう。

相変わらずマイペースの六君とカナタン。
六君は昨日僕が来るからと張り切って行ったけど、僕がいなくって怒ってたんだって。
だから今日はいっぱい遊ぼうね。
カナたんは、いつものように自転車で来たんだって。(途中までだけど)風をきってびゅんびゅうと。かっこいいね。

途中、僕は疲れたよ~って寄り添いたかったけど、みんながぐるぐるするから参加したくなっちゃうんだよね。
でもちゃんと注射器でお水も飲んだし、葛の葉も食べて、とっぽも食べたよ。

そこへ夢次郎君という新しいお友達が覗きに来た。
ふかふかの毛並みをしていて、Miuちゃんみたいなライオンさんだったよ。
今度Miuちゃんと並んで欲しいな。
夢次郎君は一緒にはぐるぐるしなかったけど、大人視線で僕らの遊ぶのを眺めてた。
僕はどうしても一緒に遊びたくって、追いかけちゃってごめんね。

女の子みるくちゃんは、去年雨の中ご挨拶したね。
今年はちょっとだけ近寄らせてもらったよ。
いっつもきれいなお洋服を着ているんだけど、ママの手作りなんだって。
今日のお洋服は夜だけ作っちゃったって。
すごいね。きっと裁縫の神様がついているんだ。

そうそう、去年雨の中一緒にお昼を過ごしてくれたちぃくまさんもまたもや会えたね。
あの時のあの時間は忘れられない思い出だからね。

次はうぴ君も現れる。
T美がどこだ~どこだ~とやっていた。
マラソンがネックで道がないのだからしょうがない。
来れて良かった。
うぴ君のママによるとはなちゃんのママも迷子らしい。
これじゃ迷子にもなるよな。
そしたらくうちゃんのママもトロちゃんのママも迷子になってしまったらしく、T美は「ここだよ。」と主語のない会話を電話でしていた。
分かるはずがないよ。あれじゃ・・・

ふと気がつくと、嗅いだ事のある匂い・・・・
うーちゃんだ。
うさぎカフェで遊んだね。
ちょっと前の事だけど僕の事覚えているかな?
うーちゃんは今日はあんまり外が嫌だったみたい。
というか、みんな今日は嫌かも。
ヘリコプターはうるさいし、なんだか実況中継はしているし、人は多いし・・・・
でもね、ちょっとだけ僕とも遊んでくれたんだ。
うーちゃんのキャリーが気にいった僕は何度も首を突っ込んでみた。

やっとくうちゃんとくうちゃんのママとトロちゃんのママが公園についたけど、くうちゃんカートに乗ったままで少ししたらまたいなくなっちゃった。
くうちゃんには今日は似合わない外だからそれが良かったのかもね。

途中知らないお友達がやってきて、僕に喰いついてきた。
やめて欲しいな・・・
今度から楽しく遊ぼうよ。

途中、うぴ君のパパとママが消えた。
そして戻ってきたと思ったら、今度はうぴ君のパパと六君のパパとカナタンのパパを残してあとみんな消えた。
六君も一緒に消えた。
僕はここの方がいいからいいけどね、六君まで行っちゃうのは悲しかった。

その間T美達が何をしていたのかわからないが、僕は六君のパパに臨時パパになったもらった。
確か去年はメリ男君のパパに臨時パパになってもらい、別名ジョンと名をつけられたよな気がする。

戻ってきたらはなちゃんも一緒に来たぞ。
はなちゃんは僕によく似ているけど、兄弟じゃないんだ。
ママが上手に紐でハーネスつくっているんだ。
僕ははなちゃんのキャリーもとっても気に行って、おいしそうなものがいっぱいだからちょっと頂いちゃった。
そしたらはなちゃんのママが大騒ぎ。
「シュウ君、牧草食べてる」って
確かに、僕は牧草はほとんど口にしない。
でもこれはおいしかったなぁ。
崩したてはいいよね。匂いが違う。
いつもこんな牧草があったらいいのにな。

もう暗くなってきたころ、きめちゃんときめ兄と健ちゃんがやってきた。
きめちゃんにもきめ兄さんにもはぐしなかったなぁ~
う~ちゃんも一緒にここに来たのかな?
だからたぶん、僕の指定席は取っちゃダメってバリアが張られていたのかも。
もちろん、大事なきめ一家、僕はとったりしないから安心してね。

そうそう、僕はね後半美人3姉妹?いや一人はママなんだって。
かわりばんこに抱っこしてもらってたんだ。
T美はその間何をしていたんだろう??

もっと暗くなった頃、豆ちゃんのパパとママがやってきた。
抱っこされていたのは、豆ちゃんの弟のぱんだ君。通称ぱん君。
ぱん君はね、豆ちゃんの意思を引き継いで、りっぱな抱っこうさぎに成長したんだって。
パパに抱っこされるとうっとりしちゃうんだ。
それに比べ僕はT美に抱っこされると気が気でない。
暗くなってたし、寒かったからゆっくり遊べなくって残念だったなぁ。
今度は徐々に仲良しになって行こうな。

ずっと寒い外だったから今日は満足。
みんな寒かったんじゃないかな。
ごめんね、一緒にいてくれて。
楽しかったよ。
また遊ぼうな。








 

僕らのお祭り

15日またもや出かける支度をするT美。
でもなかなか出かけないんだなぁ。
ただ準備をしているだけなのかもしれないな。
だったらリックに入ることもないか・・と僕はリックから出た。

T男が仕事から帰ってきたようだ。
夜勤お疲れ様。僕の為にありがとう。

僕の大好きなパンを食べ始めるT男。
くれないのか?と見つめていたら少しだけくれた。
おいしいね、パン。
さて、おなかもいっぱいになったことだし、どこも行かないのなら寝るかな・・・
とゆっくりしかけたころ、僕はトイレに連れて行かれた。
なんだやっぱり出かけるのか・・・しょうがない。おしっこしておくか。

おしっこも終わり、僕はリックに入れられチャックを閉められた。
まぁ、いいか。さて今日はどこへ行くのかな。
なんか昨日六君がくうちゃんがどうのこうの。って言っていたような?
みんなで遊ぶのかな?

今日はカートリックでのお出かけ。
結構これは良かったぞ。
揺れも少なくって。

駅に着いたらくうちゃんがいない。
あれ?おかしいな。とT美が気がつく。
反対側の出口にいたらしい。
あわてて本当の出口に向かったら、くうちゃんのママが向うから手をふってくれた。
昨日も行ったのに間違えるかね、普通。

おまつり場についたら、いつも僕に穂をくれるナナさんがいたんだ。
「これはこれはどうも」と僕は挨拶。
抱っこでお出迎えしもらったぞ。
CIMG8801.jpg

ナナさんと別れ、そのあとは会場をぐるぐるしてたら暑くって暑くって・・・・へたってたら六君のママがお外に出ようと提案。
すぐ近くに公園があるのになかなか行かないT美・・・
早く行けと怒る僕。
怒っている僕を抱っこして写真撮影・・・まったくもう。(もしかしたら、ウー☆さんと私とシュウで写真のるかも)

やっと公園だ
CIMG8807.jpg
あ~涼しい。

六君にう~ちん兄貴こんにちは~
CIMG8822.jpg
みんなであそぼ~
CIMG8836.jpg
CIMG8859.jpg

陸君・六君・シュウ・うーちん兄貴・カナたん
CIMG8866.jpg

夢次郎君、びっくり参加


うーちゃん&うぴ君
CIMG8877.jpg
CIMG8880.jpg
CIMG8829.jpg
CIMG8846.jpg

女の子たちだよ。美人だろう。はなちゃん&みるくちゃん
一緒には遊べないからみんなで眺めてた
CIMG8889.jpg
CIMG8876.jpg

最後に合流したお友達。
CIMG8883.jpg
CIMG8882.jpg
ぱんちゃんはね、まめちゃんの弟分なんだ。
僕はね、ぱんちゃんに足ダンされちゃった。僕ってそんなに弱いかな・・・
僕も強くなるからいつか一緒に遊んでね。




なおさんのうさぎさん、宣伝しちゃいますよ~

ぼくもなおさんに3つもつくってもらっているんだ。
そんななおさんがクリスマスうさちゃんを作ったんだって。
20091110134651392s.jpg

http://hanasuzulove.blog35.fc2.com/
素敵でしょう~

扱っているお店はこちら~通販でどうぞ。
http://www.rabbit-wish.com/
個数限定だから急ぐのだ!
CIMG8748.jpg
よろしくなのだ。



みんなと楽しかった

この日もなんだがガサガサごとごと・・・・
T美が仕事から帰って来たと思ったら、T男に「早く起きろ~」叫んでた。
僕は「なんだ???」とびっくり。
そしたら僕はリックに入れられた。
T美はT男に「ご飯食べてね~」と言いながら、僕リックを持ち上げて玄関に向かった。
そういえば六君と今日遊ぶんだよ。って言ってたなぁ。
朝そんなことを言ってても仕事に行ったからもう遊ばないと思ってたけど、遊べるみたい。

自転車の後ろのカゴに乗せられ・・・ガタゴトと揺れながら僕は駅に向かったようだった。
またリックで長旅か~と思ったけど、今日は遊べるからいいか。
電車に乗って歩いて・・・着いたところは病院の公園だった。

六君だけでなく、たくさんのお友達がいたのでびっくり。
きめちゃんもいる~・・・きめちゃんはうさぎじゃないけどね。

初めましては「しふぉんちゃん」と「みょー君」。
しふぉんちゃんはゆうゆーちゃんの妹分なのだ。みにみーちゃんが来るはずだったのだが、ピンチーヒッター??で参加。のんちゃんとは双子?なのか??
みょー君は僕とは一カ月くらい誕生日が早いけど、番長と呼ばれているだけあって、みんなの先頭にたってたなぁ。
どこかであったら「みょー番長」と呼ぶといいらしい。みんなもそう言いたくなるはず。

女の子チーム&男の子チームで遊ぶのかと思ったら、なんだか女の子が乱入。
どこも女が強しだな。
女の子チーム
CIMG8675.jpg
CIMG8683.jpg

男の子チーム
CIMG8688.jpg
CIMG8691.jpg

いつものカクカク仲間が集まれば・・・電車になるのだった。
CIMG8704.jpg

うぴ君、いっぱい遊べるようになってよかったな。
カナたんは年上なのに子供みたいな遊ぶなぁ。
六君はやっぱり若いだけあって体軽いよな~
僕なんて足も痛いから、どすどすしちゃうんだ。
でも気にせず仲間に入れてくれてありがとう。

僕ね、T美のせいで遅れて行ったから少ししか遊べなかった。
もっと遊びたかったのに・・・
それと、T美は僕をほおり出して、草むしりに行くのはやめてくれ。
袋いっぱい「ご飯採れたよ」ってにこにこ顔で帰ってこられてもね・・・
それをぼくより先に食べていたみんながいたけどね。
だったらいいのかな。
短い時間だったけど楽しかった。
また遊ぼうね

CIMG8710.jpg
家に帰ってまったりモードの僕でした。

壁をとりたい2人組

六君どいて、そこは僕の壁だから。



今度は六君が来てくれたんだ

T美が帰って来たと思ったらばたばたしてて、僕が寝てたら掃除機かけ始め、うるさいからベランダで寝ようと思ったら今度は雑巾持って追っかけてきた。
まったく何なんだ??

と思ったら突然いなくなった。
「六君、迎えに言ってくるからね~」と。
だけどスグに戻ってきた。
「鍵がない・・・・」って。
どうして出かけるのに鍵を持ってでないかね?
それも見つからないらしい。
今仕事から帰って来たはずだから、家の中にはあるはずなのに・・・なぜ無いとか言っているのかね?わからんやつだ。

鍵が見つかったらしく、そのままピュ~と飛んで出た。
しばらくすると何か物音が・・・
ベランダから部屋の中を覗き込むとそこには六君が。
本当に来たんだね。
うれしいな~
早く遊ぼうよ~

あれ?ここはぼくんちなんだけど??
まぁ、いいか。
CIMG8645.jpg

クルクルしたり、カクカクしたり、走ったり、寝転んだり・・・楽しかったね。
CIMG8660.jpg
CIMG8651.jpg


でもさぁ~六君のママはいつも僕にいたずらするんだ。
着せ替えごっこ&さかさま
CIMG8640.jpg CIMG8671.jpg

まぁいいんだけどね~
昨日はハロウィンってお祭りだったんだって。
だからお洋服作ったって。
何にも縫わなくっていい不思議なハロウィン洋服&帽子だそうだ。
T美よりも器用なんだな、六君のママは。

CIMG8658.jpg

僕と六君が遊んでいる間に六君のママからもらったケーキを食べてたから「頂戴」っていったけど、僕の好みではなかったなぁ。
T美は自分の分がとられるのではないかとひやひやしていたようだった。
そんな何でもかんでも取り上げたりはしないぞ。僕は


そんなことをして遊んでいたら、だんだんと暗くなって六君は家に帰らなきゃならなくなっちゃったんだ。
つまんないな~
ずっと僕と一緒にいたらいいのに。って思っているけど、六君は家に帰っちゃった。
今度はいつ遊べるかな。
楽しみだな。