シュウ(うさぎ)の自由だらけ
シュウ(ロップMIX)の気ままな生活☆ うさぎなのに自由がいっぱい☆

プロフィール

シュウまま

Author:シュウまま
2006年2月頃誕生
450g→2560g(2007.9/10)→2700g(11/7)→2640g(12/4)→2760g(08.2/1)→2940g(4/4)→2740g(5/23)→2780g(5/29手術日)→2820g(6/3)→2780g(6/9)→2780g(6/27)→2660g(8/29)→2720g(10/31)→2800g(12/2)→2860g?(12/19)→3000g(200.9.2/2)→3020g(3/16)→3080g(5/11)→3080g(6/26)→3180g(8/7)→3150g(9/7)→3000g(9/27)→3100g(10/6)→2980g(11/13)→3050g(11/23)→3025g(11/24)→3050g(12月11日)→3100g(12/19)→3220g(2010/1/18)→3250g(1/25)→3160g(3/5)→3200g(3/5)→3320g(4/2)→3280g(4/19)→3200g(4/26)→3040g(5/21)→3000g(6/14)→3060g(7/5)→3050g(8/2)→3200g(8/9)→3180g(10/4)→3200g(10/11)→3150g(11/8)→3200g(11/15)→3150g(12/13)→3320g(2011・1/18)→3380g(2/7)→3360g(2.21)→3280g(3.18)→3230g(3.28)→3260g(4.21手術日)→3160g(5/23)→3200g(6/6)→3200g(7/4)→3220g(7/22)→3300g(8/29)→3240g(9/5)→3240g(9/16)→3380g(9/26)→3400g(10/17)→3400g(12/5)→3460g(2012.1/9)→3440g(1/16)→3620g(2/20)→3620g(2/27)→3460g(3/12)→3580g(4/9)→3560g(4/30)→3420g(5/21)→3400g(6/4)→3400g(7/2)→3300g(7/30)→3240g(8/6)→3260g(9/24)→3280g(10/22)→3300g(11/5)→3400g(11/19)→3300(12/10)→3460g(2013/1/22)→2/4(3400g)→2014/7/17(3200g)→7/29(2860g)最終体重。

T男&T美と同居中→2014年8月1日5時5分。任務を終え月へ帰って行きました。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



月別アーカイブ



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



またもや猫たちと

※22日のお話です。
CIMG3315.jpg


まずは猫たちのお出迎えだ。
いい心がけだ・・・と思ったら、猫たちのママ(T美のママ)の声を聞いてまっていたらしい。

下の続きを読むと押してね。
[続きを読む]
スポンサーサイト

僕の巣立った場所

3年目を迎えた節目として、僕はT美との最初の出会いの場所に行ってきた。
何で行ったか・・・
みんなも分かっているように、T美はいけるところはどこでも自転車だ。
今日の揺れはなかなかのものであった。
どうやら大きな橋を渡るらしく、急降下で下りる事もあったので、僕はリックの中で冷や冷やものだった。
リックに揺られ30分ほどで目的地に到着。

T美はうれしそうに僕をカートとやらに乗せていた。
どうにも僕をそれに乗せるのが第一の目的だったようだ。
僕はとっても揺れるこのカートとやらが気に入らなかった。
CIMG3334.jpg


なんだかT美はうれしそうにみんなところにまわっていた。
僕はその仲間とやらの一人に途中で拉致されてしまった・・・
抱っこされて僕は遠くにいるT美の仲間に紹介されに行ったのだった・・
その間T美は他の仲間と話していたらしい・・・
もう少し心配せい!だ。

仲間は仕事が終わる時間だったらしく、みんなとお別れして僕の本来の目的地へ。

CIMG3335.jpg


無事に僕をT美に渡すきっかけを作ってくれたお姉さんに会えたのだ。
(奥の紺色の服がお姉さんです。手前は知らないお客さんです)
お姉さん2


僕はとても懐かしかった。
お姉さんは僕を覚えてくれていたのもとてもうれしかった。
涙が出そうになったんだけど、僕は男の子だから頑張って泣かなかった。

いっぱいナゼナゼしてもらったんだ。
途中で知らない人に邪魔されてしまったが、とってもうれしかった。
もっともっとナゼナゼして欲しかったなぁ。
またT美に連れて行ってもらうかな。

そのあとは多摩川でうさんぽしたんだ。

CIMG3342.jpg


自由にいっぱい走ってから帰ったんだ。
帰ったらとっても疲れちゃって爆睡さ。